選挙権は20歳以上の男女を対象としていたが、国民に直結する法案として、最近は18歳に引き下げられた選挙権の法案の可決が印象的です。つまり、18歳以上の男女であれば直接の選挙に参加できるようになりました。

選挙権に関する年齢の引き下げの意図は、若者がもっと政治に関心を持ってもらう事です。最近の若者は政治に関して興味を持っていないなどの影響で、昔よりも積極的に投票に行かない割合が多くなりました。国政の選挙として若者にも積極的に参加してもらって、立候補者に投票することで様々な年齢層から意見を伺う事が国の狙いです。

テレビで18歳になった高校生が、高校で立候補者に投票するシミュレーションを行っていました。衆議院などの議員を投票するシミュレーションで、学生たちが半ば笑顔で投票する姿がありました。

選挙権が18歳に引き下げる事は、若者の政治の関心を促して、国民のあらゆる年齢層から政治家へ声を届けられる点で私は賛成です。しかし、18歳に選挙権を引き下げたからと言って、必ずしも全員の若者から政治を支持しているわけではありません。従って、政治家がもっと若者に選挙をする事の重要性をアピールして、国民の声で国が良くなるなどの声掛けをする事が重要です。カードローン即日