「どうせ私なんて・・・」そんな諦めたふりはしない

「どうせわたしなんて。。。」
そんな結婚に対して諦めたふりをしている女性も多いです。
しかし、本心は絶対に結婚を諦めていない。
いつか現れる白馬の王子さまをずっと待っています。
現実と期待とのギャップのジレンマから、心の中で不満だらけになっています。
それが思わず
「どうせ私なんて・・・」
という言葉が思わず口から出てしまうのでしょう。

■素敵な出会いは自己分析から

素敵な出会いをゲットできる人とできない人
その違いは自己分析ができるかできないか?
その差かもしれません。
自分に本当に必要な人はどんな人か?
そもちろん理想と現実はあれど、100%完璧な異性が現れることは宝くじ並みの確率かもしれません。
もし思いを寄せている人がいるのなら迷わずアタック!
結果を恐れて、傷つくことを恐れて、今のままなにもせずにいては何も変わりません。
いつか白黒つけないと次には進めません。

■ 片思いからの結婚もありでは?

大好きな彼(彼女)と両想いになって付き合い、ゴールイン
されはそれでハッピーエンドでもあります。
でも、両想いって心の中で自分が愛した分の同じくらい?いやそれ以上に相手から愛されたい!と考えてしまいます。
だからなかなかうまくいきません。
言い換えればリターンを求めてしまう気持ちがどこかで不協和音を作ってしまいます。

愛情というものは取引の道具ではありません。
愛情とはささげるものなのです。
両想いになる!というのは少し危険な思い込み?かもしれません。
想いというのは必ずしもお互いがトータルイコールではなく、たいていはどちらかの気持ちが大きく、どちらかの気持ちが小さいことは珍しくありません。
いつもどちらかかの想いが片思いの状態なのです。
これはずっと同じというものでもないのです。
ある時期は男のほうが思いが大きく、女の方が小さい
ある時期は女のほうが思いは大きく、男のほうが小さい
周期的にそのバランスは変化します。
そしてたまたまその思いが両者ともマックスになったタイミングが結婚という形になるのです。
実家 解体 費用 兄弟
両想いなる?という幻想だけにとらわれて片思いの気持ちを忘れてしまうとその関係はもろくも崩れて行ってしまうこともよくあることです。

■「どうせ私なんて・・・」と諦めたふりをする前に行動してみては?

きっとあなたには意中の人がいるはずです。
でも「どうせ私なんて・・・」と諦めたふりをして行動をするチャンスを逃してはいませんか?
そしてその人が他の人に奪われた時に地団太を踏んで悲しむのではありませんか?
そんな損なことをするよりも玉砕してスッキリするのも人生においては大切ですよ。
あなたの魅力に気づかないなんて
あなたの勇気に応えてくれないなんて・・・
きっとサイテーな奴ですから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です