男は外見で判断しなさい

「人を外見で判断してはいけない」
これは正論である。
しかし、こと結婚相手となると
「人は外見で判断しなさい」
というこおtも考えていおかないといけない。
人は洋服を着て、さらにはオシャレまでする生き物です。
洋服屋やおしゃれにはその人の人間性が多いく現れてきます。
だらしない服装や身だしなみの人は根本的にだらしないのです。

音の故外見は付き合い関係で大きく変わります。
たとえば一流会社に勤めている男性なら、休日でもそれなりの服装です。
しかし、その日暮らしの工事現場で働くような人はやっぱりその服装はそれなりです。
たとえ、収入が良くてもです。
きっとアまたお金はお酒やギャンブルに回ってしまうでしょう。
なぜなら、まわりの人がそうだからです。

まあ、ここまではちょっと極端にしても
今の若者は鼻ピアス、パンツも見えるローライズのズボン
ファッション誌の中では常識でも、ことビジネス社会ではそれは異端児になります。
異端児を許容できるのはごく狭い異端児の集まる世界だけです。
世間一般の普通や常識の世界では受け入れられはしません。

あなたにふさわしい男性は外見で判断するのも間違いではないのだ。
洋服やおしゃれというものはその人の基準となる人生観の凝縮です。
だらしない洋服やおしゃれをする人はすべてにだらしないといっても過言ではない。
それはお金に関しても女性関係に関してもだ。
そんな人は
歩きスマホも当たり前だし、歩き煙草もそうだ。
電車の優先座席でも平気で座るであろう。
洋服やファッションでだらしない男性はすべてにだらしないのだ。

洋服やファッション
これにはルールやマナーがあるのだ。
たとえばどこかの会社の営業マンが鼻にピアスをして茶髪の髪の毛つんつんだったら・・・
少なくとも私はその営業マンからなにひとつ買わないし、「不愉快だ!帰れ!」と追い返す。
いくら「それが今 流行っている」「中身は実に好青年」であってもです。

結婚とは夫も妻も互いのルールを決めて生活するものです。
それを簡単い破るから夫婦喧嘩にもなり、離婚にまで発展するのです。

そんなリスクを考えたら
男は外見で判断してもかまわない
そういう結論になるのです。

何度も言いますが
洋服やおしゃれはその人の人生に対する考えからが凝縮されています。
くれぐれも妻の私が変えて見せる
とは考えないでいただきたい。
それはおそらく不毛の努力になるる可能性が大きいからだ。
いくら惚れた女性であっても、男はそう簡単には変わらない。
いやけることはその男性の今までの人生を全否定することと同じだからだ。
自衛官 結婚できない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です