DV男を選んでもいい、ただそれも程度次第だが

「女に手をあげてはいけない」
そんなこと度の男もわかっています。
しかし、時と場合によっては手をあげざるおえな時も長い人生においてはたまにはあるのです。
もちろんグーじゃなくビンタ程度です。
グーで殴るような男なら即刻別れるべきですし、そんな恐怖を少しで覚えるのならすぐに警察に駆け込むべきである。

男にはどうしても譲れない部分があります。
それは女性にはとても理解できないこともあります。
でも、それが男が外に出て頑張れる、歯を食いしばってでも頑張れる原点なんです。
自分の女性が泥酔して他の男にでもチューをしていたら
自分の女性が生活費をくすねて毎日パチンコ通いしていたら
そんな時にビンタのひとつも食らわせて反省させるべきであるというと女性蔑視だろうか・
それともそんな女性ならこちらから願い下げとすぐに離婚するべきだろうか・・・

結婚するまでは両目で見ろ
結婚してからは片目で見ろ
これはいつも結婚式で聞くスピーチ尾では荷だろうか。
人間だれでも欠点や失敗はあります。
そんなたった一度の失敗や小さな欠点はどこの誰でもあるのだ。
しかし、それを責めて即分かれる!即離婚する!
そいれでは何回結婚してもすぐに別れなければならなくなります。

99%嫌いでも1%は好きなところがある
それが結婚でもあります。
だからこそ頬っぺたのひとつでも張り倒してわからせるときもあるということなんです。
たった一発のビンタでその女性の過ちを許せることもあります。
女性もそれで男性の怒りの理由を初めて知ることもあリます。
やっていいことと悪いこと
それはどの男と女の関係においてそれぞれの価値観でもあります。
そのあたりの地雷のボーダーラインはその問題に出くわさないと分からないのです。

その男性がびんたをくらわした理由があなたに理解できないのなら
そのビンタんばっ得できないのならば
さっさと別れない。
でも、そのビンタの理由がわかるならあなたも反省し、その男性のビンタを受け入れてあげなさい。
ビンタ一発で「DV男だ」と騒ぎ立てていると本当の愛なんて一生わかりませんよ。
性癖 相性 結婚

ところが意外と世の女性でDV男と別れられない女性も数多いので驚きます。
鼓膜が破れるほど殴られたい
歯が折れるくらい殴られたり
しかし、殴られた後 涙ながらに謝り優しくする男性に女性は
「この人には私みたいな女が必要」
「この人は私がいないとダメになる」
そんなわけのわからないことを考える女性が後を絶たないのだ。
少なくとも私には理解できない。
どう考えても最低のDV男にしか私は見えないのだが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です