30歳を超えでもミニスカートを履いて生足でいなさい

「そろそろ落ち着いたファッションに変えないと結婚できないかも?」
30歳を超えて結婚願望が強くなってきた女性に私は言いたい!
「30歳も25歳も同じです」
「30歳も40歳もほぼ同じです」
肌の通夜も顔の張りもおっぱいの硬さも・・・

ですから「アラサーだから・・・」といかいって自分を貶めないでください。

■足は見せなさい!できれば生足を!
ちょっとババ臭くなってきた女性ほど生足をやめていきます。
レギンスとかを常時履くようになったのなら「オバサン化」していることを自覚してください、

ミニスカートをやショートパンツを続けて欲しい
特に未婚の女性ならば・・・
確かに超がつくほどの「ミニ」は少々考えものだが、できれば膝上ぐらいのスカートを履いて欲しいものです。
それは、男は膝くらいのスカートが一番「オバサン臭い」と感じてしまうのです。
女性ファッション誌のいうことなんか決して信じないでください。
彼らはあくまで服を売るための記事を書いています。
結婚相手を見つけようとしている男女にはある程度のセクシーさはとても重要なのです。

■ 未婚の男たちはみんなあなたの足に期待しているのだ

「いい歳して足なんか出すなよ!」
もしそんなことをいう男性が現れたのなら、それはきっとあなたの彼氏だと思います。
自分が惚れた彼女を他の男に獲られたくはない!
そんな独占欲からいうのです。
それはなせか?
それはあなたが足を見せることによって、世の男たちがその足に!しいてはあなたに熱い視線を送るのです。

「30歳を過ぎたから、足がきれいじゃなくなった」
その綺麗?綺麗じゃない?の違いを分かる男なんていません。
男はミニスカートを履いてる女性が気になるのであって、ミニスカートの中の足にはあまり興味はないのです。
ALG探偵社 評判

■ 足は40歳まで見せましょう
あなやを「美しい」とほめるのはあなたを好きな男性です。
それはなにもモデルのようなかりこりの細い脚ではありません。
たぶん本物のモデル体型を好きな男性のほうが少ないでしょう。
写真やテレビで見れば素敵でも実物を見れば幻滅してしまいます。

万人に好かれる必要はありません。
ただ赤い糸で結ばれている人は必ずどこかにいます。
その人に見つけてもらうためにいつもシグナル(足)を出し続けるべきなのです。
日本人女性の足の武器はなんといっても「健康的な足」なんです。
細い足が素敵だと言っているおはメディアだけなのです。
普通の足が一番すてきなんです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です