たかが結婚、深く考えすぎるな!

もしあなたの彼氏が結婚を
「他かが結婚」
と軽く考えているか
「絶対に失敗できない重い制度だ」
と考えているか?
あなやは結婚できるかできないかはその差だけである。
されど、その差はとても大きく簡単には代えられない。

もしあなたの彼氏が
「結婚は人生においてとても重い制度だ」
と考えているのならば、よほどあなたが完璧な妻だと確信できない限りプロポーズは無いd朗。
もちろん、あなたが完璧な妻になることなどできないはずだ。
男というものは好きで好きでたまらないから結婚するわけではない。
まあ、そんなkる位くらいの男のほうが結婚には向いているとは言えるのだが・・・・

もし、あなたが
料理上手で
決して他の男の影もない
スタイルも悪くない
セックスも相性ばッチリ
そんな女なら結婚してもいいかな?と考える男もいるだろう。
こんなことをいうと批判がたくさん来そうだがそれが現実でもある。

AKBのファンのオタクなら、自分が応援している推しメンから求婚されたら何も考えずに結婚するでしょう。
その推しメンの詳しいバックグランドなど考えないものだ。
どんな料理が得意化?
家事などができるか?
そんなことは関係ない。
それは結婚後に考えればいいと思うだろう。
男の結婚観とはそんなものでもある。

「セックスがしたくてムラムラしているから」
「とりあえず子供だけは作っとくか」
「親が結婚しろとうるさいから」
そんな理由毛婚を決意する男も少なくないのだ。
これをいいかえると
「一生愛する女と添い遂げたい」
そんな考えの男のほうが希少なのだ。

一方、女性のほうが結婚に大きな夢を抱いている方も少なくない。
自分の築く過程はこんな家庭にしたい!
親絶対にそうする!
だから男には
優しくて
収入が高くて
背が高くて
できれば、イケメンで
うるさい姑はいなくて
・・・・・
どこまでもとまらないのでこれくらいにしておこう。

その男と女の温度差が結婚の障害になるのだ。

しかし、これだけは断言できる。
そんな男の軽い決断で毛婚したとしても今く言っている夫婦がほとんどなのだ。
だから言えることは
あなた結婚についてはあまり深く考えすぎるな
ということである。

そんなことをいつまでもいっているから結婚から遠ざかっているんだ。
結婚は決してゴールではない。
あくまで結婚はスタートなのである。
ある程度の困難は結婚後でも何とかなるものである。
もしも、だめならわかれればいい
いまや3組に1組は離婚するのが今の日本なのである。
シンプル瞑想 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です