結婚したけりゃ男の浮気は疑うな

あなたは自分の彼氏の浮気が気になって仕方がないですか?
スーツのニオイのチェック
帰宅時間のチェック
領収書のチェック
携帯電話のメールや通話履歴のチェック
SNSのチェック

どうかここまでやるのは異常であることをわかって欲しい。
もちろん彼氏の携帯やスマホの中身を覗き見るのは犯罪行為です。

結婚する男は絶対に浮気なんかしない男としかしない。
だから、今の彼氏には絶対に浮気などさせない
少々この論理には無理があるのを自覚していただけませんか?

そんなことをしたって浮気するのが男というものです。

■ 魔が差した。
自分の好みの女性に誘惑されたら、男はなすすべなく陥落するものです。

■あなたに飽きた
彼氏から見れば自分の彼女に飽きてきても仕方がない。
しかし、他の女性と浮気することで逆に今の彼女の良さも実感できることも少なくない。

■仕事のためにやむなく
男の仕事上において、浮気せざる負えないことも少なくない現実も理解して画手欲しい。
世の中には接待という習慣があることはいくらあなたでもご存知のはずです。
女好きの顧客や上司がいれば、仕事上そのお方のお供をしなければならないこともあるのです。

■モテる
あなたが惚れた男であれば、他の女性も惚れることは仕方のないことではないですか。
あなたが惚れたほどの良い男なら、他の女性から誘惑されることってあるかもしれないのはあなたも核推して負いいた方がよいかもしれm線。

浮気は許さないのにモテる男と結婚したい女性がいかに多いことか・・・
あまりにもあなたの主張に無理があるのではないでしょうか。

意外と浮気を許さない女性に限って、自分がその浮気の相手なこともよくあることなんです。
自分が№1であること錯覚していないか自問してみませんか?
なぜならにそんな経験(自分が浮気相手だった)を何度も過去に経験していることに身に覚えがあるかもしれません。

浮気を過剰に疑いすぎないようにしましょう。
そうすればいつのまにか№2の立場からいきなりナンバーワンの本命の彼女に繰り上がるのだ。
もう一度知っておいてください。
あなたが惚れるほどのいい男
他の女性が放っておくはずがありませんからね。

ただ、これが難しいのが意外とヤクモチを焼いてくれる女性もまた男からすれば可愛く思える物なんです。
浮気を疑うのも、大事なのはそのさじ加減です。
そして、男の浮気を追求するならきちんと逃げ道を作っておくことを忘れずにしてください。
署名ドットコム 評判 感想

男は外見で判断しなさい

「人を外見で判断してはいけない」
これは正論である。
しかし、こと結婚相手となると
「人は外見で判断しなさい」
というこおtも考えていおかないといけない。
人は洋服を着て、さらにはオシャレまでする生き物です。
洋服屋やおしゃれにはその人の人間性が多いく現れてきます。
だらしない服装や身だしなみの人は根本的にだらしないのです。

音の故外見は付き合い関係で大きく変わります。
たとえば一流会社に勤めている男性なら、休日でもそれなりの服装です。
しかし、その日暮らしの工事現場で働くような人はやっぱりその服装はそれなりです。
たとえ、収入が良くてもです。
きっとアまたお金はお酒やギャンブルに回ってしまうでしょう。
なぜなら、まわりの人がそうだからです。

まあ、ここまではちょっと極端にしても
今の若者は鼻ピアス、パンツも見えるローライズのズボン
ファッション誌の中では常識でも、ことビジネス社会ではそれは異端児になります。
異端児を許容できるのはごく狭い異端児の集まる世界だけです。
世間一般の普通や常識の世界では受け入れられはしません。

あなたにふさわしい男性は外見で判断するのも間違いではないのだ。
洋服やおしゃれというものはその人の基準となる人生観の凝縮です。
だらしない洋服やおしゃれをする人はすべてにだらしないといっても過言ではない。
それはお金に関しても女性関係に関してもだ。
そんな人は
歩きスマホも当たり前だし、歩き煙草もそうだ。
電車の優先座席でも平気で座るであろう。
洋服やファッションでだらしない男性はすべてにだらしないのだ。

洋服やファッション
これにはルールやマナーがあるのだ。
たとえばどこかの会社の営業マンが鼻にピアスをして茶髪の髪の毛つんつんだったら・・・
少なくとも私はその営業マンからなにひとつ買わないし、「不愉快だ!帰れ!」と追い返す。
いくら「それが今 流行っている」「中身は実に好青年」であってもです。

結婚とは夫も妻も互いのルールを決めて生活するものです。
それを簡単い破るから夫婦喧嘩にもなり、離婚にまで発展するのです。

そんなリスクを考えたら
男は外見で判断してもかまわない
そういう結論になるのです。

何度も言いますが
洋服やおしゃれはその人の人生に対する考えからが凝縮されています。
くれぐれも妻の私が変えて見せる
とは考えないでいただきたい。
それはおそらく不毛の努力になるる可能性が大きいからだ。
いくら惚れた女性であっても、男はそう簡単には変わらない。
いやけることはその男性の今までの人生を全否定することと同じだからだ。
チャットレディ 容姿

30歳を超えでもミニスカートを履いて生足でいなさい

「そろそろ落ち着いたファッションに変えないと結婚できないかも?」
30歳を超えて結婚願望が強くなってきた女性に私は言いたい!
「30歳も25歳も同じです」
「30歳も40歳もほぼ同じです」
肌の通夜も顔の張りもおっぱいの硬さも・・・

ですから「アラサーだから・・・」といかいって自分を貶めないでください。

■足は見せなさい!できれば生足を!
ちょっとババ臭くなってきた女性ほど生足をやめていきます。
レギンスとかを常時履くようになったのなら「オバサン化」していることを自覚してください、

ミニスカートをやショートパンツを続けて欲しい
特に未婚の女性ならば・・・
確かに超がつくほどの「ミニ」は少々考えものだが、できれば膝上ぐらいのスカートを履いて欲しいものです。
それは、男は膝くらいのスカートが一番「オバサン臭い」と感じてしまうのです。
女性ファッション誌のいうことなんか決して信じないでください。
彼らはあくまで服を売るための記事を書いています。
結婚相手を見つけようとしている男女にはある程度のセクシーさはとても重要なのです。

■ 未婚の男たちはみんなあなたの足に期待しているのだ

「いい歳して足なんか出すなよ!」
もしそんなことをいう男性が現れたのなら、それはきっとあなたの彼氏だと思います。
自分が惚れた彼女を他の男に獲られたくはない!
そんな独占欲からいうのです。
それはなせか?
それはあなたが足を見せることによって、世の男たちがその足に!しいてはあなたに熱い視線を送るのです。

「30歳を過ぎたから、足がきれいじゃなくなった」
その綺麗?綺麗じゃない?の違いを分かる男なんていません。
男はミニスカートを履いてる女性が気になるのであって、ミニスカートの中の足にはあまり興味はないのです。

■ 足は40歳まで見せましょう
あなやを「美しい」とほめるのはあなたを好きな男性です。
それはなにもモデルのようなかりこりの細い脚ではありません。
たぶん本物のモデル体型を好きな男性のほうが少ないでしょう。
写真やテレビで見れば素敵でも実物を見れば幻滅してしまいます。

万人に好かれる必要はありません。
ただ赤い糸で結ばれている人は必ずどこかにいます。
その人に見つけてもらうためにいつもシグナル(足)を出し続けるべきなのです。
日本人女性の足の武器はなんといっても「健康的な足」なんです。
細い足が素敵だと言っているおはメディアだけなのです。
普通の足が一番すてきなんです。
離婚ブログ