DV男を選んでもいい、ただそれも程度次第だが

「女に手をあげてはいけない」
そんなこと度の男もわかっています。
しかし、時と場合によっては手をあげざるおえな時も長い人生においてはたまにはあるのです。
もちろんグーじゃなくビンタ程度です。
グーで殴るような男なら即刻別れるべきですし、そんな恐怖を少しで覚えるのならすぐに警察に駆け込むべきである。

男にはどうしても譲れない部分があります。
それは女性にはとても理解できないこともあります。
でも、それが男が外に出て頑張れる、歯を食いしばってでも頑張れる原点なんです。
自分の女性が泥酔して他の男にでもチューをしていたら
自分の女性が生活費をくすねて毎日パチンコ通いしていたら
そんな時にビンタのひとつも食らわせて反省させるべきであるというと女性蔑視だろうか・
それともそんな女性ならこちらから願い下げとすぐに離婚するべきだろうか・・・

結婚するまでは両目で見ろ
結婚してからは片目で見ろ
これはいつも結婚式で聞くスピーチ尾では荷だろうか。
人間だれでも欠点や失敗はあります。
そんなたった一度の失敗や小さな欠点はどこの誰でもあるのだ。
しかし、それを責めて即分かれる!即離婚する!
そいれでは何回結婚してもすぐに別れなければならなくなります。

99%嫌いでも1%は好きなところがある
それが結婚でもあります。
だからこそ頬っぺたのひとつでも張り倒してわからせるときもあるということなんです。
たった一発のビンタでその女性の過ちを許せることもあります。
女性もそれで男性の怒りの理由を初めて知ることもあリます。
やっていいことと悪いこと
それはどの男と女の関係においてそれぞれの価値観でもあります。
そのあたりの地雷のボーダーラインはその問題に出くわさないと分からないのです。

その男性がびんたをくらわした理由があなたに理解できないのなら
そのビンタんばっ得できないのならば
さっさと別れない。
でも、そのビンタの理由がわかるならあなたも反省し、その男性のビンタを受け入れてあげなさい。
ビンタ一発で「DV男だ」と騒ぎ立てていると本当の愛なんて一生わかりませんよ。
ミナルギンDX 初回 半額
ところが意外と世の女性でDV男と別れられない女性も数多いので驚きます。
鼓膜が破れるほど殴られたい
歯が折れるくらい殴られたり
しかし、殴られた後 涙ながらに謝り優しくする男性に女性は
「この人には私みたいな女が必要」
「この人は私がいないとダメになる」
そんなわけのわからないことを考える女性が後を絶たないのだ。
少なくとも私には理解できない。
どう考えても最低のDV男にしか私は見えないのだが・・・

たかが結婚、深く考えすぎるな!

もしあなたの彼氏が結婚を
「他かが結婚」
と軽く考えているか
「絶対に失敗できない重い制度だ」
と考えているか?
あなやは結婚できるかできないかはその差だけである。
されど、その差はとても大きく簡単には代えられない。

もしあなたの彼氏が
「結婚は人生においてとても重い制度だ」
と考えているのならば、よほどあなたが完璧な妻だと確信できない限りプロポーズは無いd朗。
もちろん、あなたが完璧な妻になることなどできないはずだ。
男というものは好きで好きでたまらないから結婚するわけではない。
まあ、そんなkる位くらいの男のほうが結婚には向いているとは言えるのだが・・・・

もし、あなたが
料理上手で
決して他の男の影もない
スタイルも悪くない
セックスも相性ばッチリ
そんな女なら結婚してもいいかな?と考える男もいるだろう。
こんなことをいうと批判がたくさん来そうだがそれが現実でもある。

AKBのファンのオタクなら、自分が応援している推しメンから求婚されたら何も考えずに結婚するでしょう。
その推しメンの詳しいバックグランドなど考えないものだ。
どんな料理が得意化?
家事などができるか?
そんなことは関係ない。
それは結婚後に考えればいいと思うだろう。
男の結婚観とはそんなものでもある。

「セックスがしたくてムラムラしているから」
「とりあえず子供だけは作っとくか」
「親が結婚しろとうるさいから」
そんな理由毛婚を決意する男も少なくないのだ。
これをいいかえると
「一生愛する女と添い遂げたい」
そんな考えの男のほうが希少なのだ。

一方、女性のほうが結婚に大きな夢を抱いている方も少なくない。
自分の築く過程はこんな家庭にしたい!
親絶対にそうする!
だから男には
優しくて
収入が高くて
背が高くて
できれば、イケメンで
うるさい姑はいなくて
・・・・・
どこまでもとまらないのでこれくらいにしておこう。

その男と女の温度差が結婚の障害になるのだ。

しかし、これだけは断言できる。
そんな男の軽い決断で毛婚したとしても今く言っている夫婦がほとんどなのだ。
だから言えることは
あなた結婚についてはあまり深く考えすぎるな
ということである。

そんなことをいつまでもいっているから結婚から遠ざかっているんだ。
結婚は決してゴールではない。
あくまで結婚はスタートなのである。
ある程度の困難は結婚後でも何とかなるものである。
もしも、だめならわかれればいい
いまや3組に1組は離婚するのが今の日本なのである。
高齢者 見守り カメラ ネット環境なし