30歳を超えでもミニスカートを履いて生足でいなさい

「そろそろ落ち着いたファッションに変えないと結婚できないかも?」
30歳を超えて結婚願望が強くなってきた女性に私は言いたい!
「30歳も25歳も同じです」
「30歳も40歳もほぼ同じです」
肌の通夜も顔の張りもおっぱいの硬さも・・・

ですから「アラサーだから・・・」といかいって自分を貶めないでください。

■足は見せなさい!できれば生足を!
ちょっとババ臭くなってきた女性ほど生足をやめていきます。
レギンスとかを常時履くようになったのなら「オバサン化」していることを自覚してください、

ミニスカートをやショートパンツを続けて欲しい
特に未婚の女性ならば・・・
確かに超がつくほどの「ミニ」は少々考えものだが、できれば膝上ぐらいのスカートを履いて欲しいものです。
それは、男は膝くらいのスカートが一番「オバサン臭い」と感じてしまうのです。
女性ファッション誌のいうことなんか決して信じないでください。
彼らはあくまで服を売るための記事を書いています。
結婚相手を見つけようとしている男女にはある程度のセクシーさはとても重要なのです。

■ 未婚の男たちはみんなあなたの足に期待しているのだ

「いい歳して足なんか出すなよ!」
もしそんなことをいう男性が現れたのなら、それはきっとあなたの彼氏だと思います。
自分が惚れた彼女を他の男に獲られたくはない!
そんな独占欲からいうのです。
それはなせか?
それはあなたが足を見せることによって、世の男たちがその足に!しいてはあなたに熱い視線を送るのです。

「30歳を過ぎたから、足がきれいじゃなくなった」
その綺麗?綺麗じゃない?の違いを分かる男なんていません。
男はミニスカートを履いてる女性が気になるのであって、ミニスカートの中の足にはあまり興味はないのです。
ALG探偵社 評判

■ 足は40歳まで見せましょう
あなやを「美しい」とほめるのはあなたを好きな男性です。
それはなにもモデルのようなかりこりの細い脚ではありません。
たぶん本物のモデル体型を好きな男性のほうが少ないでしょう。
写真やテレビで見れば素敵でも実物を見れば幻滅してしまいます。

万人に好かれる必要はありません。
ただ赤い糸で結ばれている人は必ずどこかにいます。
その人に見つけてもらうためにいつもシグナル(足)を出し続けるべきなのです。
日本人女性の足の武器はなんといっても「健康的な足」なんです。
細い足が素敵だと言っているおはメディアだけなのです。
普通の足が一番すてきなんです

ラブホにしか行かない男ならあなたはその程度の女だ

あなたは今 いくつですか?
もし30歳を超えていおるのであればそろそろセックスだけの恋愛からは卒業するじきだろう。

好きな男とのデートはどんな感じだろうか?
安居酒屋でパパっと軽く空腹をごまかしてそそくさとラブホに直行しているのではなかろうか?
あなたもセックスが好きでたまらないのなら「それでもかまわない。
しかし、30歳を過ぎてくるとそうも言ってはいられない。
そろそろ最後の恋愛、つまり結婚を考えての男性選びをしなければならないのだ。

今の男性にその価値があるのかどうか?
不安ならば一度ラブ補に行くの͡断ってみればいい。
もしラブ補に行くことを断ったことで、男が非常に不機嫌になるのならあなたにはその程度の価値しかないということになる。
結婚においてセックスも重要だが、それ以上に夫婦で過ごす時間の使い方が重要である。
まして、40歳を超えてくるとセックスるよりも夫婦で過ごす時間の使い方のほうが大事になってくる。

ラブ補でセックスの終わった後、あなたと彼氏は何をしていますか?
たぶん男性は満足して高イビキをかいているのではないだろうか?
それがあなたと彼氏の20年後の状態を表しているのかもしれない。
しかし、「彼氏と一緒にいられるだけでいい」と考えるのは若いうちだけなのだ。
だjからこそ今から結婚後を見据えた彼氏との時間の過ごし方を考え直していおくことをおすすめします。
もし、彼氏がラブホでセックスが終わったあと、なにか資格取得の勉強やビジネス書を読みだしたのならば将来有望かもしれない。
もし、彼氏がラブホでセックスが終わった後に外に出て美味しい物を食べに行ったり楽しい映画を観に行ったりするのであればきっと結婚後もあなたを退屈させない素晴らしい旦那になるかもしれない。

ただ、もし彼氏とラブ補でセックスが終わった後ただいびきをかいて寝ているだけの男ならよく考えてみる必要がある。
その男は
セックスがしたいだけなのか?
あなたと楽しく時間(人生)を過ごしたいのか?
答えはあなたしか出せないけれど・・・
突発性難聴 治療 食べ物

30歳を超えてくるとだんだん言い寄ってくる男も少なくなってくるでしょう・
また素敵な男性はどんどん他の女性と結婚をしだすでしょう。
でも、いつか素敵な男性が現れた時、あなたは空き家状態でなくてはいけない。
そんな一人の女性をめぐって男たちが殴り合いの喧嘩をしてでもあなたを奪い合うなんて幻想は抱かない方がいい。
寂しいかもしれないが、あえて独り身になってそのときを待つことのほうが得策かもしれない。

DV男を選んでもいい、ただそれも程度次第だが

「女に手をあげてはいけない」
そんなこと度の男もわかっています。
しかし、時と場合によっては手をあげざるおえな時も長い人生においてはたまにはあるのです。
もちろんグーじゃなくビンタ程度です。
グーで殴るような男なら即刻別れるべきですし、そんな恐怖を少しで覚えるのならすぐに警察に駆け込むべきである。

男にはどうしても譲れない部分があります。
それは女性にはとても理解できないこともあります。
でも、それが男が外に出て頑張れる、歯を食いしばってでも頑張れる原点なんです。
自分の女性が泥酔して他の男にでもチューをしていたら
自分の女性が生活費をくすねて毎日パチンコ通いしていたら
そんな時にビンタのひとつも食らわせて反省させるべきであるというと女性蔑視だろうか・
それともそんな女性ならこちらから願い下げとすぐに離婚するべきだろうか・・・

結婚するまでは両目で見ろ
結婚してからは片目で見ろ
これはいつも結婚式で聞くスピーチ尾では荷だろうか。
人間だれでも欠点や失敗はあります。
そんなたった一度の失敗や小さな欠点はどこの誰でもあるのだ。
しかし、それを責めて即分かれる!即離婚する!
そいれでは何回結婚してもすぐに別れなければならなくなります。

99%嫌いでも1%は好きなところがある
それが結婚でもあります。
だからこそ頬っぺたのひとつでも張り倒してわからせるときもあるということなんです。
たった一発のビンタでその女性の過ちを許せることもあります。
女性もそれで男性の怒りの理由を初めて知ることもあリます。
やっていいことと悪いこと
それはどの男と女の関係においてそれぞれの価値観でもあります。
そのあたりの地雷のボーダーラインはその問題に出くわさないと分からないのです。

その男性がびんたをくらわした理由があなたに理解できないのなら
そのビンタんばっ得できないのならば
さっさと別れない。
でも、そのビンタの理由がわかるならあなたも反省し、その男性のビンタを受け入れてあげなさい。
ビンタ一発で「DV男だ」と騒ぎ立てていると本当の愛なんて一生わかりませんよ。
性癖 相性 結婚

ところが意外と世の女性でDV男と別れられない女性も数多いので驚きます。
鼓膜が破れるほど殴られたい
歯が折れるくらい殴られたり
しかし、殴られた後 涙ながらに謝り優しくする男性に女性は
「この人には私みたいな女が必要」
「この人は私がいないとダメになる」
そんなわけのわからないことを考える女性が後を絶たないのだ。
少なくとも私には理解できない。
どう考えても最低のDV男にしか私は見えないのだが・・・

男は外見で判断しなさい

「人を外見で判断してはいけない」
これは正論である。
しかし、こと結婚相手となると
「人は外見で判断しなさい」
というこおtも考えていおかないといけない。
人は洋服を着て、さらにはオシャレまでする生き物です。
洋服屋やおしゃれにはその人の人間性が多いく現れてきます。
だらしない服装や身だしなみの人は根本的にだらしないのです。

音の故外見は付き合い関係で大きく変わります。
たとえば一流会社に勤めている男性なら、休日でもそれなりの服装です。
しかし、その日暮らしの工事現場で働くような人はやっぱりその服装はそれなりです。
たとえ、収入が良くてもです。
きっとアまたお金はお酒やギャンブルに回ってしまうでしょう。
なぜなら、まわりの人がそうだからです。

まあ、ここまではちょっと極端にしても
今の若者は鼻ピアス、パンツも見えるローライズのズボン
ファッション誌の中では常識でも、ことビジネス社会ではそれは異端児になります。
異端児を許容できるのはごく狭い異端児の集まる世界だけです。
世間一般の普通や常識の世界では受け入れられはしません。

あなたにふさわしい男性は外見で判断するのも間違いではないのだ。
洋服やおしゃれというものはその人の基準となる人生観の凝縮です。
だらしない洋服やおしゃれをする人はすべてにだらしないといっても過言ではない。
それはお金に関しても女性関係に関してもだ。
そんな人は
歩きスマホも当たり前だし、歩き煙草もそうだ。
電車の優先座席でも平気で座るであろう。
洋服やファッションでだらしない男性はすべてにだらしないのだ。

洋服やファッション
これにはルールやマナーがあるのだ。
たとえばどこかの会社の営業マンが鼻にピアスをして茶髪の髪の毛つんつんだったら・・・
少なくとも私はその営業マンからなにひとつ買わないし、「不愉快だ!帰れ!」と追い返す。
いくら「それが今 流行っている」「中身は実に好青年」であってもです。

結婚とは夫も妻も互いのルールを決めて生活するものです。
それを簡単い破るから夫婦喧嘩にもなり、離婚にまで発展するのです。

そんなリスクを考えたら
男は外見で判断してもかまわない
そういう結論になるのです。

何度も言いますが
洋服やおしゃれはその人の人生に対する考えからが凝縮されています。
くれぐれも妻の私が変えて見せる
とは考えないでいただきたい。
それはおそらく不毛の努力になるる可能性が大きいからだ。
いくら惚れた女性であっても、男はそう簡単には変わらない。
いやけることはその男性の今までの人生を全否定することと同じだからだ。
自衛官 結婚できない

「どうせ私なんて・・・」そんな諦めたふりはしない

「どうせわたしなんて。。。」
そんな結婚に対して諦めたふりをしている女性も多いです。
しかし、本心は絶対に結婚を諦めていない。
いつか現れる白馬の王子さまをずっと待っています。
現実と期待とのギャップのジレンマから、心の中で不満だらけになっています。
それが思わず
「どうせ私なんて・・・」
という言葉が思わず口から出てしまうのでしょう。

■素敵な出会いは自己分析から

素敵な出会いをゲットできる人とできない人
その違いは自己分析ができるかできないか?
その差かもしれません。
自分に本当に必要な人はどんな人か?
そもちろん理想と現実はあれど、100%完璧な異性が現れることは宝くじ並みの確率かもしれません。
もし思いを寄せている人がいるのなら迷わずアタック!
結果を恐れて、傷つくことを恐れて、今のままなにもせずにいては何も変わりません。
いつか白黒つけないと次には進めません。

■ 片思いからの結婚もありでは?

大好きな彼(彼女)と両想いになって付き合い、ゴールイン
されはそれでハッピーエンドでもあります。
でも、両想いって心の中で自分が愛した分の同じくらい?いやそれ以上に相手から愛されたい!と考えてしまいます。
だからなかなかうまくいきません。
言い換えればリターンを求めてしまう気持ちがどこかで不協和音を作ってしまいます。

愛情というものは取引の道具ではありません。
愛情とはささげるものなのです。
両想いになる!というのは少し危険な思い込み?かもしれません。
想いというのは必ずしもお互いがトータルイコールではなく、たいていはどちらかの気持ちが大きく、どちらかの気持ちが小さいことは珍しくありません。
いつもどちらかかの想いが片思いの状態なのです。
これはずっと同じというものでもないのです。
ある時期は男のほうが思いが大きく、女の方が小さい
ある時期は女のほうが思いは大きく、男のほうが小さい
周期的にそのバランスは変化します。
そしてたまたまその思いが両者ともマックスになったタイミングが結婚という形になるのです。
実家 解体 費用 兄弟
両想いなる?という幻想だけにとらわれて片思いの気持ちを忘れてしまうとその関係はもろくも崩れて行ってしまうこともよくあることです。

■「どうせ私なんて・・・」と諦めたふりをする前に行動してみては?

きっとあなたには意中の人がいるはずです。
でも「どうせ私なんて・・・」と諦めたふりをして行動をするチャンスを逃してはいませんか?
そしてその人が他の人に奪われた時に地団太を踏んで悲しむのではありませんか?
そんな損なことをするよりも玉砕してスッキリするのも人生においては大切ですよ。
あなたの魅力に気づかないなんて
あなたの勇気に応えてくれないなんて・・・
きっとサイテーな奴ですから