男は外見で判断しなさい

「人を外見で判断してはいけない」
これは正論である。
しかし、こと結婚相手となると
「人は外見で判断しなさい」
というこおtも考えていおかないといけない。
人は洋服を着て、さらにはオシャレまでする生き物です。
洋服屋やおしゃれにはその人の人間性が多いく現れてきます。
だらしない服装や身だしなみの人は根本的にだらしないのです。

音の故外見は付き合い関係で大きく変わります。
たとえば一流会社に勤めている男性なら、休日でもそれなりの服装です。
しかし、その日暮らしの工事現場で働くような人はやっぱりその服装はそれなりです。
たとえ、収入が良くてもです。
きっとアまたお金はお酒やギャンブルに回ってしまうでしょう。
なぜなら、まわりの人がそうだからです。

まあ、ここまではちょっと極端にしても
今の若者は鼻ピアス、パンツも見えるローライズのズボン
ファッション誌の中では常識でも、ことビジネス社会ではそれは異端児になります。
異端児を許容できるのはごく狭い異端児の集まる世界だけです。
世間一般の普通や常識の世界では受け入れられはしません。

あなたにふさわしい男性は外見で判断するのも間違いではないのだ。
洋服やおしゃれというものはその人の基準となる人生観の凝縮です。
だらしない洋服やおしゃれをする人はすべてにだらしないといっても過言ではない。
それはお金に関しても女性関係に関してもだ。
そんな人は
歩きスマホも当たり前だし、歩き煙草もそうだ。
電車の優先座席でも平気で座るであろう。
洋服やファッションでだらしない男性はすべてにだらしないのだ。

洋服やファッション
これにはルールやマナーがあるのだ。
たとえばどこかの会社の営業マンが鼻にピアスをして茶髪の髪の毛つんつんだったら・・・
少なくとも私はその営業マンからなにひとつ買わないし、「不愉快だ!帰れ!」と追い返す。
いくら「それが今 流行っている」「中身は実に好青年」であってもです。

結婚とは夫も妻も互いのルールを決めて生活するものです。
それを簡単い破るから夫婦喧嘩にもなり、離婚にまで発展するのです。

そんなリスクを考えたら
男は外見で判断してもかまわない
そういう結論になるのです。

何度も言いますが
洋服やおしゃれはその人の人生に対する考えからが凝縮されています。
くれぐれも妻の私が変えて見せる
とは考えないでいただきたい。
それはおそらく不毛の努力になるる可能性が大きいからだ。
いくら惚れた女性であっても、男はそう簡単には変わらない。
いやけることはその男性の今までの人生を全否定することと同じだからだ。
自衛官 結婚できない

「どうせ私なんて・・・」そんな諦めたふりはしない

「どうせわたしなんて。。。」
そんな結婚に対して諦めたふりをしている女性も多いです。
しかし、本心は絶対に結婚を諦めていない。
いつか現れる白馬の王子さまをずっと待っています。
現実と期待とのギャップのジレンマから、心の中で不満だらけになっています。
それが思わず
「どうせ私なんて・・・」
という言葉が思わず口から出てしまうのでしょう。

■素敵な出会いは自己分析から

素敵な出会いをゲットできる人とできない人
その違いは自己分析ができるかできないか?
その差かもしれません。
自分に本当に必要な人はどんな人か?
そもちろん理想と現実はあれど、100%完璧な異性が現れることは宝くじ並みの確率かもしれません。
もし思いを寄せている人がいるのなら迷わずアタック!
結果を恐れて、傷つくことを恐れて、今のままなにもせずにいては何も変わりません。
いつか白黒つけないと次には進めません。

■ 片思いからの結婚もありでは?

大好きな彼(彼女)と両想いになって付き合い、ゴールイン
されはそれでハッピーエンドでもあります。
でも、両想いって心の中で自分が愛した分の同じくらい?いやそれ以上に相手から愛されたい!と考えてしまいます。
だからなかなかうまくいきません。
言い換えればリターンを求めてしまう気持ちがどこかで不協和音を作ってしまいます。

愛情というものは取引の道具ではありません。
愛情とはささげるものなのです。
両想いになる!というのは少し危険な思い込み?かもしれません。
想いというのは必ずしもお互いがトータルイコールではなく、たいていはどちらかの気持ちが大きく、どちらかの気持ちが小さいことは珍しくありません。
いつもどちらかかの想いが片思いの状態なのです。
これはずっと同じというものでもないのです。
ある時期は男のほうが思いが大きく、女の方が小さい
ある時期は女のほうが思いは大きく、男のほうが小さい
周期的にそのバランスは変化します。
そしてたまたまその思いが両者ともマックスになったタイミングが結婚という形になるのです。
実家 解体 費用 兄弟
両想いなる?という幻想だけにとらわれて片思いの気持ちを忘れてしまうとその関係はもろくも崩れて行ってしまうこともよくあることです。

■「どうせ私なんて・・・」と諦めたふりをする前に行動してみては?

きっとあなたには意中の人がいるはずです。
でも「どうせ私なんて・・・」と諦めたふりをして行動をするチャンスを逃してはいませんか?
そしてその人が他の人に奪われた時に地団太を踏んで悲しむのではありませんか?
そんな損なことをするよりも玉砕してスッキリするのも人生においては大切ですよ。
あなたの魅力に気づかないなんて
あなたの勇気に応えてくれないなんて・・・
きっとサイテーな奴ですから

結婚したいと思いたったら、婚活を始めよう!

婚活を始めようと思ったけど何から始めればいいのかわからない。今の時代は積極的に婚活しないと結婚できない時代です。昔ならお世話をしてくれる人がいたり、職場で出会ったりとありましたが、今は世話焼きしてくれる人もいないし、職場ではセクハラといわれるので何もできない状態だと思います。婚活する方法をいくつか提案します。

婚活パーティー

婚活パーティーは、結婚したいと思っている人同士が集まるパーティーなので効率よく出会えます。結婚相談所が主催しているパーティーもあるので結婚相談所に入る前に参加してもいいかもしれません。実際に会って話ができるのでとてもおすすめです。

マッチングアプリ

マッチングアプリは結婚したいと思っている人同士が登録して出会えるアプリです。費用もお手頃で始めやすいです。登録するとプロフィールを詳しく入力します。できれば顔写真もしっかりしたものを登録しましょう。プロフィールを検索して相手を探します。気になる人がいたらいいねをします。相手もいいねしてくれたらマッチング成立です。

マッチングアプリは出会い系アプリのようなものもあるので注意が必要です。大手で実績もあり歴史のある所だと安心です。それでも結婚相談所のように独身証明書の提出が必要ないので既婚者がいたとか、別のサイトに勧誘されたとかの話も聞きます。その時はマッチングアプリのサポートへ連絡してその人はブロックしましょう。料金はポイントを買って課金するサイトは危険です。メールのやりとりを引き伸ばしてポイントを消費させます。相手はサクラが多いです。アプリ運営者の自作自演ですね。月額制のアプリなら大丈夫です。でも違うサイトへ誘ったりして紛れ込んでいるかもしれませんので注意が必要です。

万が一、だまされたら消費生活センターへ相談しましょう

結婚相談所

一番、安全・安心して利用できるサービスです。入会するときに審査がしっかりっしているので既婚者が入り込むようなことはありません。費用も高いけどそれだけ本気度の高い人が集まっています。自分の担当者もつくので自信がない人や初めての人でもしっかりゴールまでサポートしてくれます。結婚相談所の会員だけのパーティーもあったりイベントやセミナーもあるので費用は掛かりますが満足できるサービスを受けられると思います。

個人で結婚相談所を経営して、業界団体に所属してその会員同士で探すタイプと、自社の会員だけで運営している大手があります。どちらも一長一短です。最近だと違う団体同士で会員を検索できるようになってきています。Aとう結婚相談所はBという結婚相談所の会員を検索できるようになってきています。利用者にとってみても会員数が多くなるのはいいことです。いずれは日本中の婚活者を検索できるようになるといいですね。

一番大事なこと

大事なことは、婚活はあなた自身が主役となり活動することです。どのサービスも出会いのチャンスはくれます。チャンスをつかみ取れるかはあなた次第です。サービスを上手に利用して大切な人を見つけましょう。応援してます!

こちらのサイトがあなたのお役に立つかもしれません。
出会いを求めて

 

幸せな結婚を手に入れるためには「稼ぐ力」を身に着けること!

昔に比べると結婚に対して魅力を感じる人は少なくなりました。
現在の日本なら必ずしも結婚しなくてもそれなりに幸せに暮らしていけるからです。
欲しいものはスマホでポチれば、翌日には自宅に届けてもらえるし、お掃除ロボットや食器洗い洗浄機など、家事を楽にこなせる方法はいくらでもあります。
でも、子供がいないというのはやっぱり寂しいものです。
できることなら理想のパートナーに出会って、子供を授かりたいと思うのが多くの人が持つ本音ではないでしょうか。
ところが、日本の景気はここ20年以上停滞しています。
公務員や大手企業に勤めていれば給料は右肩上がりですが、そうではない場合は経済面でかなり苦しい状況です。
「結婚したい!」や「子供を持ちたい!」と思ったとしても自分の収入ではとてもじゃないけど無理という人がほとんどではないでしょうか。
「お金が全てじゃない」と思いたいところですが、実際のところ、お金がないと幸せにはなれません。
日本は資本主義社会です。
つまり、「お金をたくさん稼いだもの勝ち」の社会なわけです。
これは男女問わずに言えることです。
以前の日本社会は、男性は仕事、女性は家事とはっきりと役割が分けられていましたが、現在は「キャリアウーマン」や「主夫」という言葉もある通り、男女の役割が逆転していることも珍しくありません。
1つ確かなのはお金を稼いでいる夫婦が幸せになれるということです。
資本主義社会の中では「稼げる能力」というものは人を惹きつけます。
つまり、独身ならなおさら、できるだけ早い段階で稼げる能力を身に着けておくほうが有利です。
包み隠さずいうと、結婚相手を選好みすることができるからです。
稼げる能力を身に着ける方法はいくらでもありますが、現在にマッチした方法としてプログラミングがあります。
IT業界は基本的に高収入ですし、現在のIT業界は圧倒的な人手不足です。
売り手市場なので、プログラミングが未経験であっても身に着けておいて損はありません。
プログラミングスキルを身に着けるにはプログラミングスクールが一番おすすめです。
そのなかでもコーチテックは稼げるエンジニアになるためのプログラミングスクールです。
コーチテック
コーチテックなら最短2ヶ月でプログラミングスキルと同時に営業力も身に着けることができます。
価格は25万円と決して安い金額ではありませんが、結婚前の自己投資として十分価値があるはずです。
稼げる力を身に着けて、理想的な結婚生活を手に入れましょう!